スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源ユニット取り付けスパークプラグ交換(2回目)

前回の記事からの続き、

将来的のナビ取り付けに備え、

その前にジェベルに電源ユニットを取り付けた。

取り付けた電源ユニットは

シガーソケットとUSB給電が付いたタイプ。

ハンドルポーチの兼ね合いを考え、

取り付け位置はハンドル右側のトップバーにする。

購入した電源ユニットの配線をバッテリーに直結する為、

ジェベルのサイドカバー・シート・タンクを取り外す。

2011-07-06 10.24.46_800

電源ユニットにもハンドルの太さ

調整用の取り付けゴム板が付いていたが、

それ以上にジェベルのハンドルトップバーが細いため、

今回もホームセンターで購入したゴム板を追加して、

2011-07-06 10.09.06_800

電源ユニットの台座をしっかり取り付けた。

2011-07-06 10.24.19_800

それから既存の配線に沿うようにして

電源ユニット配線をバッテリーまで引き込む。

2011-07-06 10.51.36_800

後は、電源コードの+と-を確認して、

バッテリーの端子に取り付けて完成。

2011-07-06 11.02.19_800

そして、タンクを外したついでに、

スパークプラグを交換。

2011-07-06 10.31.27_800

前回交換したのが18820km。

現在の走行距離が 22637Km

約3800km走行で交換。

今回もイリジウムスパークプラグに交換した。

後は、ナビとGPSの外部器機の準備かな。

今日も1日ありがとうございます。

DEGNER ハンドルポーチ取り付け

前回、長距離ツーリングに行った際、

思った事が何点かある。。。

それは以下の4つ。、

 1.高速料金を簡単に支払いたい。

 2.デジカメが簡単に出せるようにしたい。

 3.ナビ(現在の位置を表示するもの)がほしい。

 4.GPSで走行記録をとりたい。


1.に関していえば、本来ETCを取り付ければいいのだが、

高速料金の改定に伴い、数ヶ月に1回ぐらいしか使わない

高速道路の為にETCは無駄なので、簡単に料金を支払えればいいとする。

このニーズを満たすべく自分の中で

1つのプロジェクトが始まっている(大げさですが)

まず、最初に取り付けたのが、DEGNERのハンドルポーチ

このハンドルポーチがあれば、小銭、カメラ、ナビなどが入れられる。

DEGNER.jpg

このポーチの土台はマジックテープでハンドルに固定をする。

しかし、ジェベルのハンドルトップバー(上部)は細い為しっかり固定ができない。

上下のハンドルバーに固定をすると、しっかり固定は出来るが、

角度が下向きになり、ナビを入れた際に見ることができない。

そこで考えたのが、ハンドルトップバーに台座をつけること。

近くのホームセンターで水道配管用のクランプ2つを購入して、

ハンドルトップバーに調整用のゴム板を入れてクランプを取り付ける。

2011-07-09 15.50.00_800

その上にハンドルポーチの台座をしっかりと固定する。

2011-07-09 15.51.53_800

この台座があれば、多少重たい物を入れても大丈夫そうな感じ。

ハンドルポーチをつけるとこんな感じになる。

PH_0_800.jpg

念のため、高速走行時の落下に備え、

ハンドルポーチとハンドルバーをフックで固定する。

実際に使用してみてどんな感じになるだろうか。

次回のツーリングが楽しみ。





雨の八ヶ岳・中津川ツーリング(帰り)

ゼロ磁場 分杭峠ツーリング2日目

諏訪湖ユース(ユーペンハウス)で迎える朝。

外には雨のシトシトという音がする。

天気予報どおり雨の2日目

昔は雨の日にバイク乗るのが苦痛だったが、

最近は雨ならではの景色を見るのが楽しみなっている。

昨日撮れなかったユーペンハウスの写真と撮影して、

朝8時に諏訪湖を出発。

R0011387_800.jpg

諏訪湖から霧ヶ峰のビーナスラインへと一気に標高を上げる。

運がよければ雲海の1つでも見えるかと思ったが、

山の上は真っ白でした。

R0011389_800.jpg

バイクジャケットと雨具を着ているのに寒く感じる。

手元のグリップヒーターがとても温かく感じた。

真っ白なビーナスラインを走り、メルヘン街道(299号)へと行く。

雨の中、蓼科高原の森の中を抜け、

国道で2番目に標高が高い麦草峠を抜け

R0011391_800.jpg

白駒池に到着。

R0011393_800.jpg

ここでバイクを止め、白駒池周辺を雨の中ハイキング。

白駒池まで行く途中の原生林とコケがとてもきれいだった。

R0011400_800.jpg

R0011402_800.jpg

シットリとした空気の中、白駒池を一周する。

白駒池もガスで真っ白だったが、少しだけ湖面がみえた。

R0011414_800.jpg

雨の中のハイキングも、気持ちがとても落ち着いていいものだ。

1時間ぐらい白駒池周辺でゆっくりしてからバイクに戻る。

ここで本当は稲子湯に寄りたかったが、

ガスが酷くほんの少し前も見えない状況。

R0011423_800.jpg

この状況で雨具を脱ぎ温泉に浸かれば、

まったりしてしまい動けなくなると思い、

稲子湯は断念した。

真っ白な八ヶ岳周辺をゆっくりと抜け、

一気に中津川林道の三国峠まで走る。

R0011427_800.jpg

この時点で雨はあがっているが、

周辺はガスで覆われている。

峠でコーヒーを沸かしすこし休んでから、

ゆっくりと中津川林道を下る。

途中、数台のオフロードバイクとすれ違う。

そして、林道途中の雨に濡れた木々がとてもきれいだった。

R0011430_800.jpg

R0011433_800.jpg

ゆっくるゆっくり林道を下り、麓のこまどり荘まで到着。

R0011434_800.jpg

ここまで来ると、天候も回復していて、

雨具を着ているととても暑い。

雨具を脱ぎ、すっきりとして秩父市街へと向かう。

途中、あらかわB級グルメと春そばの花見が開催されていて、

そばの花と武甲山を眺めながら秩父B級グルメの味噌ポテトをいただく。

R0011442_800.jpg

予定より早く秩父に到着した為、このまま真っ直ぐ自宅に向かうのは辞めて、

八ヶ岳で断念した温泉を求めてときがわ町へと向かう。

途中、懲りずに白石峠からの林道”林道堂山平山線”へ向かうが、

ここも”通行止め”の看板が立っていた。

R0011445_800.jpg


看板の脇は抜けられるが、もう深追いはせず、

素直に舗装道路で山を下り、ときがわ温泉へ行く。

小さい温泉だけど、木造で良い感じの温泉。

R0011450_800.jpg

ここまで来れば自宅まで1時間強なので、

まったりと時間を過ごす。

19時過ぎに無事に自宅に到着。


本日の走行距離 279km

全体の走行距離 630km

全行程(青が林道)

ツーリング行程

宿泊ツーリングをしたのは、

結婚以来だから、かれこれ10年振りぐらい。

久しぶりの長距離ツーリング、

色々な発見があって楽しかったです。

theme : ツーリング
genre : 車・バイク

Clock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
CATEGORY
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カウンター
現在の閲覧者
検索フォーム
ページランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。