スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の奥秩父ツーリング

この間、NACK5(ラジオ)で秩父大滝地区の
三十槌の氷柱(みそつちのつらら)が
いま、見頃であると放送していた。

今日はなにも予定が無く天気もよかったので、
家事が終わってから、CX4をポケットに入れ、
ジェベルで行くことにした。

朝、8時30分に自宅を出発。
いつもであれば、299号から秩父に入るが、
この季節は凍結している可能性があるため、
寄居経由140号から秩父方面に入る。

途中、上長瀞で荒川の河原に降りて、
少しのダートを楽しむ。

blog_import_4d58e4617464b.jpg

秩父鉄道の鉄橋付近までジェベルで河原を走る。
橋の上を走る列車とのツーショットを待っていたが、
列車はこなかった。

blog_import_4d58e462c9566.jpg

次ぎに向かったのは、秩父華厳の滝。

blog_import_4d58e4644b174.jpg

この滝も少しだけ凍結していた。

blog_import_4d58e465b5e15.jpg

この後、小鹿野を抜けて三十槌の氷柱へ行く。
大滝中学校の無料駐車場にジェベルを止めて、
25分ほど140号沿いを歩く。

ウッドルーフキャンプ場の下が、
三十槌の氷柱の場所。

ウッドルーフキャンプ場にも駐車出来るが、
バイクは200円の駐車料金が必要。

今日の時点で三十槌の氷柱は9分とのこと。
平日でも結構人がいた。

blog_import_4d58e4671803f.jpg

blog_import_4d58e46902259.jpg

blog_import_4d58e46a2230a.jpg

ここから引き返し、秩父鉄道の三峰口駅で休憩。
ちょうど、国鉄リバイバル色の列車が来たので、
撮り鉄。

blog_import_4d58e46b2fab3.jpg

秩父鉄道は武甲山の麓を走っており、
武甲山から搬出する石灰を満載した貨物列車が走っている。
この貨物列車はどこからくるのだろう~と疑問に思い、
影森駅から武甲山に伸びている支線を併走して走ったら、
セメント工場に突き当たった。
ここで石灰を積んでいるのだろうか。

blog_import_4d58e46c463b0.jpg

お昼は以前から気になっていた、
299号線沿いにうどん屋さん「きぶね」行った。

blog_import_4d58e46d5f3e0.jpg

ツーリングで299号を通る際、このお店の駐車場には
いつも地元のタクシーとかトラックが止まっていって、
どんなところだろうと思っていた。

今日は、天ぷらうどんを注文。

どんぶりからあふれそうなつゆに、
さくさくの天ぷらがのって、
400円だった。

働くドライバーがお昼に来る謎が解けた。

帰りは299号経由、狭山を抜けて帰る。
少し時間があったので入間基地の滑走路脇まで行ってみた。

ちょうどC1輸送機がタッチアンドゴーの訓練をしており、
CX4で撮影した。距離がかなりありデジタルズームを利用。

blog_import_4d58e46e9eaee.jpg

コンパクトデジカメでここまでズームが出来るとはすごい。

blog_import_4d58e46f56b80.jpg

帰り途中、畑に日が沈んだ。

blog_import_4d58e4702e4d8.jpg

17時に自宅に到着。

今日の走行距離 220km

走行ルート

blog_import_4d58e472bcd00.jpg

心配していた凍結もなくってよかった。

今日も1日ありがとうございました。
関連記事

コメントの投稿

Secret

Clock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
CATEGORY
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
カウンター
現在の閲覧者
検索フォーム
ページランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。