スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eye-Fiの設定方法

先日購入したCX4用のEye-Fiの設定をしてみた。

以下に簡単な手順を記録として残しておきます。

■Eye-Fi管理ソフトウェアをインストールする。

 1.SDカードをPCに挿入しSDカード内に保存されてる、
  Setup.exeを実行し既定値でEye-FiをPCにインストール。

 2.インストール後、Eye-Fi Centerの登録画面が表示される。
  メールアドレス・パスワード等を入力する。

eyy91.jpg

 3.Eye-Fiのファームウェアアップデートが表示されるので、
  ファームウェアのアップデートする。


■Eye-Fi SDカードの無線LAN設定をする。

 ※引き続き、上記でインストールしたEye-Fi管理ソフトウェアを起動して、
  無線LANの設定をする。

 4.使用する無線LAN AP名を選択する。

eyy92.jpg

 5.無線LANで使用している暗号用のパスフレーズを入力する。

eyy93.jpg


 自宅では暗号方式にAESを設定しているが、問題なく接続できた。


 6.Eye-Fi Viewの設定。自分は使わないので無効化する。

eyy94.jpg

 7.オンライン写真サービスの設定。
  自分は使用しないので、後で設定するを選択

eyy95.jpg

 8.オンライン動画サービスの設定。
  自分は使用しないので後で設定するを選択

eyy96.jpg


 9.設定完了。SDカードを抜き、CX4にSDカードを入れる。
  それから、CX4で試し撮りをする。

eyy97.jpg


  本来ここで、四マスの右下のところに試し撮りしたものが伝送され
  表示されるはずだが、表示されなかった。
 
  デジカメとパソコンを再起動したところ、正常に伝送できた。

■Eye-Fi SDカードの保存管理の設定をする。

  10.Eye-Fi管理ソフトウェアを起動して、"写真”→"パソコン”タブをクリック。
   すべての写真をアップロードを有効化して保存先パスを変更した。

eyy99.jpg

  11.”伝送モード”→”エンドレスモード”のタブをクリック。
     エンドレスモードを有効化してSDカードが50%の使用量になったら、
     古いデータを自動的に削除する設定にした。
 
eyy98.jpg

■使用した感想。

さっそく試してみた。
パソコンを起動しておいて、
別の部屋で写真を撮影。
すると、10項で指定されたフォルダに
写真が自動的に保存されている。
すばらしい。

気になる点として、
・CX4へのUSB直接接続と比べると写真の伝送速度が遅い。
 大量に伝送するときは直接接続した方が便利かも。

不思議に思うのが、
この商品の仕組み的に考えれば、
SDカードは常に登録されている無線LAN電波を探し、
一致したときにネゴシエーションをして伝送している
ことになる。

その動作の為に必要なエネルギーは
CX4のバッテリーを利用するのかな。。。


いずれにしても大変便利な製品だと思う。


今日も1日ありがとうございました。
関連記事

コメントの投稿

Secret

Clock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
CATEGORY
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カウンター
現在の閲覧者
検索フォーム
ページランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。