スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速料金に思うこと Part2

前回に続き高速道路料金に思うことがある。

なぜ、高速道路の料金は距離を基準としているだろうか?

自分は、お金とは自分が望む要望・欲求に対して、
サービス提供者側へ支払う対価だと思っている。

自分が高速道路に乗る欲求とは、

一言で言うと

「目的地まで早く到着する」ことである。

高速道路では、渋滞・事故などにより、
車の流れが滞りものすごく時間がかかる場合がある。

その場合、高速道路のサービスとして”早く”が
提供出来ていないにも関わらず、
料金が変わらない今の料金システム。

その事に疑問を感じる。

自分の考えでは、高速料金は
時間に応じて支払うべきだと思う。

たとえば、東北自動車道で考えると、

浦和IC→宇都宮IC (距離約100km)

を法的時速100kmで走行すれば1時間で到着する。

これを基準料金として¥2000とする。

そして、

この距離を時速150kmで走行して
30分で到着したと仮定した場合、

基準以上のサービスを提供したので、
料金を¥2500にする。

逆に渋滞等により90分で到着したとして、

基準以下のサービス提供により、
料金を¥1500にする。

そして、渋滞が酷く基準より
3時間以上かかった場合は、
料金は無料にする。
(JRの特急料金払い戻しと同じ考え)

こうすれば皆に公平な料金システムだと思う。

ものすごい速度で走行し
早く到着すれば料金が高く。

思ったより早く目的地に到着しそうであれば、
SA等で時間調整すれば高速料金は安くなる。
SAにもお金が落ちる・・

単純に高速道路を無料化すると宣言し、
結局、妥協案しか出せない某国の政府。

目先の支持率だけを考えていて、
サービスの意味を見出させないでいる。

そう、政治家のサービスとは、
税金を納めている国民が暮らせるよう、
国を維持していくリーダーシップを発揮すること。

自分たちの利権争いをする為に、
僕たちは税金を納めているのではない。

書いていてなんだかさみしくなってきた。

今日も1日ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : ひとりごと
genre : 車・バイク

越生 梅ツーリング

今日は気温が20℃ととても暖かいので、
越生の梅を見にツーリングに出かけた。

9時に自宅を出発。

順調に走り10時過ぎには越生に到着。

時間があるので、ときがわ町の林道に行く。

前回のツーリングで通行止めだった

2010年10月ときがわツーリング

林道栗山七重線の通行止めが解除されていた。
さっそく行ってみることに。

R0010653_800.jpg


とてもフラットで走りやすい林道
花粉を満載にした杉の木の下を、
くしゃみをしながら走り抜けます。

R0010654_800.jpg


次に林道堂山平山線にそのまま突入。

心配していた雪も少しあるだけで、
ルンルンで高度を上げていきます。

R0010656_800.jpg

でも、しばらくすると山の日陰の道に、
雪が積もってきました。

R0010658_800.jpg

轍は凍っていないので恐る恐る進入。

R0010661_800.jpg

しかし、しばらく高度を上げていくと、
轍も凍っている状態になる。

R0010660_800.jpg

トップケースを装備した状態で転んでも最悪なので、
今日は諦めて戻ることにする。

続いて近くにある、林道赤木慈光線へ向かう。

入口に舗装工事中により通行止めの看板があったが、
とりあえず行けるところまで行くことに。

こちらも日陰の斜面に積雪があるが、
先ほどでもないので余裕でクリア出来た。

R0010663_800.jpg

しばらく林道を走り、終点の近くになると、
パワーショベルが完全に道をふさいでいた。

通行出来ないかな~と思い、眺めていると、
工事のおじさんが

「かなり狭いけど通っていいよ!!」

と言ってくれた。

その先、3箇所で重機が道をふさいでいたが、
みなさん工事を中断して通してくれた。

ありがとうございました。

R0010664_800.jpg

林道遊びはここまでにして、
今日の目的の越生梅林に行く。

R0010666_800.jpg

観光化された梅林は通り過ぎ、
越生自然休養村センターに行く。

休養村センターにバイクを止め少し散策。
ここの近くの梅林が静かでとてもいい。

R0010675_800.jpg

R0010676_800.jpg

梅林の下でねっころがり、
青い空と梅の白のコントラストを楽しむ。

さっき、雪の道を走っていたのが嘘のように
とても暖かな日。

R0010669_800.jpg

お昼は休養村センターの
ひもかわうどん(大盛り)
¥530なり。

R0010668_800.jpg

極太の麺と野菜が
たっぷり煮込まれていて、
とてもおいかった。

続いて、山に囲まれた
ギャラー&カフェの山猫軒に行く。

R0010695_800.jpg

ここでコーヒーを飲み、
店内の落ち着いたBGMを聴きながら、
持参した本を一時間程読書する。

コーヒーもおいしく、
とても静かな店内。
心が和みます。

まったりした後、
自宅まで一気に走る。

16時前には自宅に到着。

今日はほんと暖かく、
オーバーパンツを履かずに、
バイクに乗れた。

名称未設定

本日の走行距離 130Km

今日も1日ありがとうございます。

theme : ツーリング
genre : 車・バイク

新高速料金の愚策

民主党の目玉政策であった高速道路の無料化。

それが先日発表された新高速料金では、

バイクに限って言えば、ETCがあってもなくても、
いつでもどこまででも¥1000で乗ることができる。

DJEBELにはETCを付けていないので、
とてもいいニュースである。

3万ぐらいするETCを付けずに済んだと、、、

でもね、、

個人の意見であればこれでいいと思うが、

国の方策としてものすごく疑問に感じる。

国はこれまでETCというシステムを
ものすごく膨大な税金を投入して、
新設・維持管理をしてきているはず。

今までの料金体系では。
そのETCシステムへの移行促進のため、
ETC装着車への差別化して割引していた。

今回の案では、そのETCシステムの
存在を完全に無視したものになっている。

では、そもそもETCシステムを導入した動機は?

おそらく、料金所での渋滞解消・料金所要員の削減だったはず。

今回の新高速料金案により、
ETCを付けるメリットが完全に薄れ、

当面の間、ETC装着車と非装着車が混在し、
ETCと料金所要員の2つのシステムを
維持しなくてはならくなったと思う。

そして今回の料金体系は
3年ぐらいで予算が尽きるという。

ものの本質からみれば、

ETC導入を渋滞解消と要員削減を目的としたならば、

そのETCシステム導入・構築に充てた莫大な税金を利用して、

高速道路を完全無料化にすればよかったのでは?

無料化になれば料金所は要らないのだから。

それが国民の為になったのではと思う。

今回のことが一般の会社だったとしたら、
僕はその会社を信じることができないだろう。

今日も1日ありがとうございました。
Clock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
CATEGORY
最新記事
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
カウンター
現在の閲覧者
検索フォーム
ページランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。