スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェベル250xcグリップヒーター取り付け

急に寒くなった今日このころ。

バイク乗る時の防寒はジャケットをオーバーパンツで対応できているが、
手と足をなんとかしたいと思っていた。

今の冬用のグロ―ブは安物ですぐに手先が冷えてくる。
いいウインターグローブを購入を考えていたが、
ネットでグリップヒーターの存在を知った。

昔のグリップヒーターはメーカー純正の
高価なものだったが、今は安いものがあり、
ネットでKOSO製グリップヒーター120mmを約\6,000で購入した。
グローブ買うのとそれほど値段は変わらない。

blog_import_4d58e21a9d1d8.jpg


当初、取り付けはバイク屋さんにお願いしようと思っていだけど、
あまりお金をかけたくないので自分でやってみることにした。

以下、簡単な手順です。

 1.ライトの上のカバーを外す。

 2.ヘッドライトの固定ボルトを外す。

 3.たくさんある配線を引き出しパイロットランプ用の配線を探す。

blog_import_4d58e21bf18f3.jpg

 4.この配線郡の中から、常時電流が流れる
   アクセサリー配線【+プラス】(オレンジ/黒配線) と
   アース配線【-マイナス】(黒/白配線)を引き出す。

 5.アクセサリー配線にグリップヒーターのプラス配線(赤)と
   アース配線にグリップいヒーターのアース配線(黒)を
   エーモンの配線コネクターで分岐。

blog_import_4d58e21d89e96.jpg

 6.エンジンをかけて通電テスト

blog_import_4d58e21e90d3e.jpg


 7.ヒータースイッチをハンドルへ取り付ける。

blog_import_4d58e2200ba7f.jpg


 8.次にクラッチ側の既存グリップを外し、
   グリップヒーターを装着する。
   接着剤がたっぷりついていて外すのに苦労する。。。

 9.スロットル側はZETAスロットルチューブを使用。
   スロットルチューブのエンドと中間にある凸を切り落とし、
   グリップヒーターを装着する。

blog_import_4d58e221ab2b8.jpg

10.ジェベルのグリップは115mmでKITOのグリップヒーターは120mm
   グリップヒーターのエンドをカッターで切り落とし調整する。 

11.4の配線とスイッチ・左右グリップヒーターを接続する。

12.ハンドル周りの配線取り回しをする。

13.配線をまとめて元通り防水対策をする。

blog_import_4d58e222b6486.jpg


14.ヘッドライトを固定してカバーを取り付けて完成。

blog_import_4d58e2244e4b3.jpg


途中、子どもが帰ってきたりして、作業が中断してしまい、
完成したのは夜になってしまった。

作業にあたり以下を参考にさせてもらいました。

I'm on my wayさんのブログ


KATS & DJEBSのページ

ありがとうございました。

グリップヒーターの効果がどのくらいのものか後日が楽しみ。

今日も1日ありがとうございます。
スポンサーサイト
Clock
ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/
CATEGORY
最新記事
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カウンター
現在の閲覧者
検索フォーム
ページランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。